したら始まる育毛ものがたり
ホーム > 注目 > 外国人の会社設立と英語

外国人の会社設立と英語

外国人が設立した会社で働いています。外国人起業ですね。創業者の外国人は日本語ができるのですが、最近、外国人の本国の幹部が増えてきて、英語でないと意思疎通ができなくなってきています。

会社で英語が奨励されていますが、もう50代の後半でもあり英語自体好きではないので無視してきましたが、業務を評価する項目で英語の実力が加わることになり、外国人の経営陣とも意思疎通をしなければいけないため、英語の勉強をしないわけにはいかなくなってきました。

学生の頃は受験科目もあるのでそれなりに英語を勉強していましたが、特に必要としない会社に就職したので遠ざかっていました。

家族で外国に行っても英語が苦手な意識が強いので日本語と手振りでやり過ごしていましたが、それほど得意でない妻や娘がどうどうと英語を使っているのを見て驚いていました。

英語は単語からと聞くので、よく使われている英単語の参考書を購入して勉強していますが、年のせいかなかなか覚えられないので苦労しています。いつまで続くのか自分でも心配になってきています。

外国人が設立した会社で働くある日本人のぼやきでした。サラリーマンは大変です。以上、外国人による会社設立でした。